空室対策をしっかり行なっておくべし|ドシドシ殺到するでしょう

住宅模型と手

不動産投資のリスク

スーツの男性

将来性も考慮する

不動産投資は副業の中でも人気の投資方法の一つです。マンション一室などの不動産を購入し、それを家賃収入で運用する方法ですが、リスクもあります。最大のリスクは空室による家賃収入が入らないケースです。特にローンで購入した場合などにおいては家賃の収入がない状態でもローンの支払いは継続します。このリスクを軽減するための対策として複数の不動産を同時に運用することですが、サラリーマン投資家などには難しい方法となっています。空室対策として、不動産を購入するときに人気物件を選択することが最も大事なのですが、注意しなければならないのは、将来に向かって、人気状態が継続するかどうかです。ローンの支払期間は長いことも多いため、将来性を鑑みることが最も重要なのです。

エリア選びは重要

空室対策として不動産の価値を低下させないようにできる限り新築で購入することで入居者がドシドシ殺到するでしょう。購入時の金額は高くなりますが、その分家賃も高くすることが可能になるためデメリットはありません。そして単身向けの住宅であれば、利便性が最も大事な要件となりますので、駅に近いことや商業施設が身近にあることなどが空室対策になります。そして、長期的に空室対策をとるためには、場所の選定が大事です。近々鉄道が開通する事や再開発が予定されているような場所は避けるべきで、今の状態が継続することが考えられる場所を選択することが大事です。東京など大都市への人口流入も今後継続する事が予測されていますが、必ずとも言えません。そのため万が一のことを考え高く売却できる物件を選択することも大事です。

管理地の有効活用

駐車場

管理している空き地に駐車場を施工する場合には、土地管理のための経費が比較的かかりません。住宅地として管理を行う場合には不動産の固定資産税がかかりますが、駐車場として管理する場合には雑種地として管理できるため経済的です。

More...

賃貸経営のリスク回避

マンション

相続税対策として人気のアパート・マンション経営は、空室リスクを伴いますが、家賃保証契約を結べばリスクを回避することができます。契約にあたってはノウハウの豊富な業者を選び、解除の条件などを熟読することが大切です。

More...

収益向上のために活用する

ビルの模型

建物管理や出納業務など、物件や予算に合わせてオーナーが希望する不動産管理を代わって行ってくれる点が、賃貸管理サービスの人気の理由です。賃貸管理によってより多くの収益や、安定経営を得るためには優良な委託先を見つけることが求められます。そのためには入居者募集の能力などを見極めることが大切です。

More...